報道資料&トピックス
 



平成18年12月度軽自動車新車販売速報
平成19年1月5日

全国軽自動車協会連合会 (会長:村田浩平,略称:全軽自協) の調べによる平成18年12月の軽自動車新車販売台数 (新車新規検査台数,トレーラー等を除くナンバーベース) は, 全体で 153,599台, 前年同月比14.5%増となり, 12ヵ月連続のプラスとなりました。
車種別では, 乗用車は 116,533台で前年同月比23.3%増 (12ヵ月連続増),貨物車は37,066台で同 6.5%減(4ヵ月連続減)。貨物車の内訳は, ボンネットバン 4,648台で前年同月比 8.4%減(7ヵ月連続減),キャブオーバーバン14,529台で同 3.3%増(5ヵ月連続増),トラック17,889台で同12.8%減(3ヵ月連続減)となっています。
この結果,平成18年の年間新車販売台数は 2,023,619台, 前年比5.2 %増となり,3年連続のプラスとなるとともに,過去最高を記録しました。
年間販売台数の内訳は,乗用車が 1,507,598台,前年比 8.7%増(3年連続増) で過去最高を記録, 貨物車は 516,021台で同 3.8%減(3年ぶり減) 。 貨物車の内訳は, ボンネットバン68,714台で同11.4%減(2年ぶり減),キャブオーバーバン 204,838台で同3.9%増(4年連続増),トラック 242,469台で同 7.4%減(3年ぶり減)となっています。
なお,全国軽自動車協会連合会では平成19年 (暦年) の軽自動車新車販売予測台数を196万台 (前年比 3.1%減) としました。
※台数は確定台数と異なる場合があります。





INDEX | 軽自動車の世帯当たり普及台数について | 軽自動車新車販売速報 | 新車情報



一般社団法人 全国軽自動車協会連合会

お問い合わせは、代表電話番号:03(5472)7861、またはinfo@zenkeijikyo.or.jpまで。